診療理念『眼科医療でみなさまを幸せにする』

・日帰り白内障手術

よしだ眼科ブログ

TEL:048-928-4146

home

草加市谷塚1丁目22-10
メディカルガーデン谷塚

眼科

よしだ眼科ブログ

  • TOP
  •  > 
  • カテゴリー: 院長の独り言
  • 第4回埼玉慶應眼科の会

    先日、第4回埼玉慶應眼科の会に出席してきました。

    これは、慶応義塾大学眼科学教室で、埼玉で診療をしている医師が集まる勉強会です。

     

    埼玉医科大学病院眼科の篠田教授や、東海大学八王子病院教授の木村先生をはじめ、埼玉メディカルセンターの持丸先生や国立埼玉病院の細田先生、尾関眼科の尾関院長など、慶応義塾大学病院時代にお世話になった先生方と久しぶりにお会いすることができました。

    ちなみに、篠田教授は、慶応義塾大学医学部サッカー部の大先輩です。

     

    今回の勉強会のテーマは、緑内障発作と糖尿病網膜症の治療でした。

     

    緑内障発作は、昔はレーザー虹彩切開でしたが、近年白内障手術が主流となっています。しかし、発作を起こす目の手術が難しいことが多く、レーザーをするか、手術をするか、いつも悩んでいました。

     

    今回のお話では、まずはレーザーを行い、反応を見てから手術方針を検討しましょう、ということで、当院でも早速この方針を取り入れることにします。

     

    糖尿病網膜症の話では、硝子体注射が網膜症自体も改善させる効果がある、とのことで、今後さらに注射の需要が増えそうです。

     

    今後もこのような勉強会などに参加し、勉強したことを当院へ還元していきたいと思います。

    院長特大ポスター

     

    谷塚のみなさん、お待たせしました、

    ついに、当院周辺に配置している置き看板に、院長の特大写真入りポスター登場です。

     

    6枚、それぞれメッセージが違いますので、コンプリートに挑戦してみて下さい。

     

    谷塚の新たなインスタ映えスポット、よろしくお願いします。

     

    なお、安全を考慮し、風の強い日や雨の日に置き看板は出さないため、診察日にも関わらず会えない日があったらすみません。

    花粉症と初期療法

    今年もイヤな花粉症の季節がやってきました。

    院長吉田も長年、花粉症に悩まされております。

    17日辺りから、本格的に飛散しているな、と感じております。

     

    花粉症の症状を軽減させる方法として、初期療法という治療法があるのをご存じのですか?

    これは、花粉症が始まる2週間前から花粉症治療を始める、というシンプルな方法です。

     

    症状がないうちから治療するのは、正直面倒ですが、症状がひどくなってから治療をしても、すぐには治りません。また、その時期は同じような患者さんで、どこの眼科も混雑するため、比較的空いている今の時期に受診して薬をもらっておくと、時間短縮にもなります。

     

    というわけで、色々な面で、初期療法おススメです。最後に、よく聞かれる質問。

     

    初期療法、いつから始めればよいのでしょうか?

     

    今でしょ・・・。(古)

     

    白内障手術の時期

    ブログを始めてから、眼科にも関わらずお食事のことばかりなので、たまには眼科のお話も。

     

    外来で1番多くされる質問の1つ

    「白内障の手術は、いつやるべきですか?」

    について。

     

    一言で言えば、

    「ご本人が不便を感じて、手術をしたくなった時」

    です。

     

    具体的な視力の数値としては、免許更新には矯正視力0.7、新聞などの文字を読むには矯正視力0.5程度が必要とされております。

    それを参考にすると、車の運転をされる方は0.7、日常生活を営むには0.5を下回ると手術が必要と言えます。

     

    しかし問題は、そこまで視力は悪くないが、視力低下を感じている場合です。

     

    白内障は基本的にゆっくりと進行します。そして、手遅れになって手術ができない、ということはほとんどありません。そのため、すでに白内障が相当進行している場合や、進行が急激な場合を除き、医学的に手術の緊急性は高くありません。

     

    また経験上、視力が良いうちに手術をすると、手術は問題なく、術後視力も良好にも関わらず

    「思ったよりよくない」「もっとよく見えるようになると思っていたのに」

    など不満が出ることが少なくありません。

     

    以上より、当院では、白内障手術はご本人のご希望があった時にやる、を原則としており、手術を強要することはありませんので、ご安心下さい。

    バレンタインデー

    スタッフのみなさまより頂きました。

    英国から日本初上陸のチョコレート、だそうです。

    お忙しい中、ありがとうございました。感謝です。

    当院のブログは、こんな感じで行く予定です。

    引き続き宜しくお願い申し上げます。

    院長 吉田