診療理念『眼科医療でみなさまを幸せにする』

・日帰り白内障手術

よしだ眼科ブログ

TEL:048-928-4146

home

草加市谷塚1丁目22-10
メディカルガーデン谷塚

眼科

よしだ眼科ブログ

  • TOP
  •  > 
  • 月別: 2019年4月
  • 平成最後のbrain sugar

     

    記念すべき、平成最後のbrain sugarは

     

    草加「エマリュール」

    春の新作満載です。

     

    次は、令和最初のbrain sugarとなります。

     

    どこにしようか、いまから悩み中です。

    末広

     

    本日の院長ランチは

    谷塚瀬崎の蕎麦屋「末広」

    の天ぷら蕎麦。

     

    隠し味にレモンの皮が入っていて、。天ぷらがさっぱりと食べられました。

     

    ごちそうさまでした。

    ゴールデンウィーク

    ゴールデンウィーク期間は、カレンダー通り

    4/28〜5/6までお休みさせて頂きます。

     

    この期間に、他業種のサービスを勉強・吸収し、よしだ眼科のサービスをよりよくしたり、新たな活動のキッカケを見つけたりと、よしだ眼科をより発展させたいと考えております。

     

    なお、連休明けの週は、大変混みあうことが予想されます。急ぎでない方は、5/13以降の週にずらして受診されると、待ち時間が短くなるかと存じます。

     

    ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    ~夢を語る~ その29

    世界一の患者・スタッフ満足度を目指して・・・。

     

    次回、受けてよかったサービス・雰囲気のよかったお店などについて、発表会をします。サービスへの意識を高め、感受性が高くなることが目的のため、遊びながら楽しく取り組んでください。

     

    よいサービスを見つけるためのヒントです。

    例)よしだ眼科に行きました。

    <雰囲気>

    ・クリニック内は清掃が行き届いており、いい香りがして、リラックスできました。

    ・問診表を書くときのペンがキレイで、医療レベルが高そうと期待が高まりました。

    ・オシャレな音楽がかかっていて、楽しく検査できました。

    <対応>

    ・スタッフが素敵な笑顔であいさつをしてくれ、緊張がほぐれました。

    ・受付から、待つことなくすぐに検査に案内されました。

    ・検査では、わかりやすく説明しながら進めてくれたので、安心しました。

    ・検査から診察室へ移動するとき、ゆっくり丁寧に誘導してくれて助かりました。

    ・お会計では、次回の日程など、丁寧に説明してくれてわかりやすかった。

    <余韻>

    ・帰り、置き看板のかわいいイラストに気付き、うれしい気分になりました。

    ・家に帰り、家族に病気の説明をするとき、パンフレットが役に立ちました。

    ・もらった封筒から、かわいい折り紙が出てきて感動しました。

    ・手術後、院長より電話がかかってきてびっくりしました。

     

    サービスのよさそうな場所に行った際には、雰囲気・対応・余韻に分けて堪能してみましょう。特に良い雰囲気は、お店の努力が隠されているため、その秘密を探ってみましょう。

    対応は、その人の服装、髪型、姿勢、口調まで、細かく観察してみましょう。

    余韻は、いい店ほど力を入れています。

     

    それでは、GWを楽しんできてください。

    きょうの健康と料理

    待合室の書籍に、「きょうの健康」と「きょうの料理」を追加購入しました。

     

    きょうの健康では、眼科でよく質問される、目以外の病気を揃えてみました。

    目以外で気になる症状や病気のある方にも、何らかのお役に立ったら幸いです。

     

    また、健康に料理は非常に重要です。そのため、きょうの料理のなかでも、特に健康的なメニューが豊富な回をセレクションしました。

     

    よしだ眼科に受診して、目だけでなく体も元気になって下さい。

    明美

     

    本日のbrain sugarは

     

    谷塚の和菓子「明美」

     

    名物の揚げまんじゅうに加え、季節ものとして柏餅、定番の草団子です。

    たまには和にしてみしたが、張り切りすぎて買いすぎました。

    スタミナ苑

      

     

    よしだ眼科のみんなで、足立区の焼肉屋「スタミナ苑」に、勉強しに行ってきました。

    以前「夢を語る」で、日本一の焼肉屋として、スタミナ苑の本で勉強して以来、いつか行きたいと思っていましたが、ついに実現しました。

     

    5時開店に対し、3時半過ぎに着きましたが、すでに5組程度が並んでいました。

    スタミナ苑、恐るべし。

    幸い、一巡目で入店することが出来ました。

     

    スタッフに1番人気だったのが、極上ハラミでした。肉厚ですが柔らかく、肉と脂の絶妙なハーモニー。

    また、お店自慢のレバーを中心としたホルモンたちは、全く臭みがなく、レバーが苦手な方でも食べることが出来たようです。

     

    さすが、日本一と言われるお店です。

     

    なにかとハードルの高いお店ですが、スタッフのリクエストもあり、また行きたいと思います。今回はガマンしましたが、次回は白飯と一緒に頂きたいです。

     

    ごちそうさまでした。

    ゴディバのイースターエッグ

     

     

    本日のbrain sugarは

     

    ゴディバのイースターエッグ。

     

    この時期、卵型を見ると、ついつい買ってしまいます。

     

    チョコレートは沢山ありますが、ゴディバはやっぱり特別です。

    一粒の麦

     

    本日の院長ランチは

     

    竹の塚の「一粒の麦」

     

    たまには草加を飛び出して、竹の塚へ。

     

    パスタは、ベーコンと竹の子と春キャベツの塩味。

    春の陽気を感じさせる一品でした。

     

    ごちそうさまでした。

    ~夢を語る~ その28

    世界一の患者・スタッフ満足度を目指して・・・。

     

    『サービスレベル10とレベル11』

    レベル10とは、その業種において普通、と感じるサービスレベル。

    ポイントは、この普通だな、という感覚が多くの人に共通認識としてあること。

     

    ホテルリッツカールトンのドアマンとビックカメラの販売員の着ているシャツは、それぞれどんなのを想像しますか?

    (1) パリッとノリの効いたシャツ (2) ヨレヨレのシャツ

    おそらく、リッツカールトンは(1)、ビックカメラは(2)を想像するかと思います。

     

    そして、この『レベル10』をほんの少し上回るのが『レベル11』。

     

    例えば・・・

    コンビニでお会計を終えて外に出ようとしたところ、雨が降りだしました。

    「雨か。駐車場まで走ればそんなに濡れないか」と思っていると、店員が

    「傘、持ってますか?」と声をかけてきました。

    「いえ、持ってないです」と答えると、店員が

    「じゃあ、一緒に行きましょう」そう言って、あなたが雨に濡れないように傘をさして、車まで連れていってくれました。

    もしも、そんなコンビニがあったら、また行きたくなりませんか?また、誰かに話したくなりませんか?でも、リッツカールトンだったら、それほど感動しないと思います。

    これは、リッツカールトンでは、傘を差して車まで送ってくれても普通。でも、普通はそんなことをしないコンビニで同じことをされたら、感動します。

    これがレベル11です。

     

    ≪課題≫

    他業種では普通だが、医療界ではあまりやられていないサービスを探してみましょう。

    (そのうち、発表会を予定しているので、がんばって準備しておいて下さい)