診療理念『眼科医療でみなさまを幸せにする』

・日帰り白内障手術

よしだ眼科ブログ

TEL:048-928-4146

home

草加市谷塚1丁目22-10
メディカルガーデン谷塚

当院の感染対策

よしだ眼科ブログ

  • TOP
  •  > 
  • 院長の独り言
  •  > 
  • 緑内障点眼の副作用
  • 緑内障点眼の副作用

    緑内障には、眼圧を下げる目的で点眼を使用します。

    緑内障点眼は長期間使用することになるため、副作用が問題となることが少なくありません。

    そこで今回は、緑内障点眼の副作用と、それを踏まえた点眼の選択についてです。

    緑内障点眼は、主に5系統に分けられます。
    ①プロスタグランジン関連薬
    ②βブロッカー
    ③炭酸脱水酵素阻害薬
    ④α2刺激薬
    ⑤ロック阻害薬

    1つで一番眼圧下降効果が高いのは、①で、第一選択薬になることが多いです。
    副作用は、黒ずむ、まつ毛が伸びる、充血など、見た目に影響します。一方、全身への副作用は、ほとんどありません。

    ②は、目への局所的な副作用は少ないです。しかし、心臓疾患や喘息に影響する可能性があります。そのため、該当する基礎疾患があると、使用できません。

    ③は、液が白く懸濁しているため、点眼後に一時的にぼやけたり、目の周りが白くなりやすいです。しかし、ぼやけは時間が経てば改善し、目の周りは顔を洗えば綺麗になります。

    ④充血やアレルギーは、他の点眼でも出ます。他の点眼は、使用を初めて比較的早期に出るのに対し、④は、使用して時間が経った後に出てくるのが特徴です。

    ⑤充血が、5種の中で一番強く、多くの方に出てくる印象です。

    どの緑内障点眼を使用するかは、緑内障の状況などを踏まえて決めていきます。使用してみて、副作用などの不具合があれば、点眼を変更していきます。