診療理念『眼科医療でみなさまを幸せにする』

・日帰り白内障手術・多焦点眼内レンズ

よしだ眼科ブログ

TEL:048-928-4146

home

草加市谷塚1丁目22-10
メディカルガーデン谷塚

眼科

よしだ眼科ブログ

  • TOP
  •  > 
  • 月別: 2019年2月
  • 視野検査、当日可能です。

    健康診断などで「緑内障疑い」「視神経乳頭陥凹拡大」などの判定で、眼科受診を勧められることがあります。

     

    その場合「視野検査」が必要となります。

    この視野検査ですが、検査時間が20分前後と時間がかかるため、多くの眼科では予約制となっています。そのため、受診した日は視野検査の予約をして、後日再度受診する必要があります。

    少なくとも、今まで私が勤務していた病院は全て予約制でした。

     

    しかし、当院は開業後まもなく、まだ比較的空いているため、視野検査は当日可能です。

    たまに運悪く同じ時間帯に視野検査希望の方が重なり、多少お待たせすることもありますが、後日再度受診するよりは、一回で済ませた方が、トータル時間は短いかと存じます。

     

    ただし、今後外来が混み合い、当日検査が難しくなってきた場合、予約制に変更するかもしれません。視野検査が必要な方は、よしだ眼科の人気が爆発して、視野検査が予約制になる前に、受診お願いします。

     

    と言いつつ、来年もこのままのような気もしますが・・・。

    院長の目に虫

    先日、自転車に乗っていたところ、目の前に小さな虫が飛んできました。

    次の瞬間、目の中に激痛が!!

     

    しばらく目をつぶってみたり、パチパチしたり、こすってみたりしましたが、痛みは一向によくなりません。

     

    そこで、鏡で見てみると、目の外側のふちの、まぶたの裏の奥の方に、黒い物体が・・・。

     

    先程の虫のようです。

     

    奥の方に入り込んでしまったため、指では取れません。出先だったため、近くの薬局で目薬を買い、さしてみました。すると、痛みが和らぎました。また、鏡で確認すると、先程の場所に黒い物体はありませんでした。

    目薬と一緒に流れて出たか、と判断して、そのまま半日過ごしました。

     

    そして、そんなことも半分忘れて、夜シャワーを浴びていると、再び目に激痛が!!

     

    最初の5分間は痛くて目も開けられず。

    ようやく痛みが少し収まってきたので、そーっと目を開けてみると・・・

    黒目のすぐ横の白目の部分に、先程の虫がいるではないか!!!

     

    ぎゃーーー!!!

     

    目を動かしたり、まばたきしたり、こすったりと、悪戦苦闘しながら、なんとか虫を取り出すことに成功しました。

     

    普段の診察であれば、痛くないように麻酔をした上で、1分もあれば取れたと思います。

    眼科医の大切さを身をもって知った1日でした。

     

    目に異物が入って、自分で取ることが困難であれば、すぐに受診してください。

    パステルのプリン

     

     

    本日のbrain sugar

    〜院長よりスタッフへ感謝を込めて〜

     

    本日は、スタッフのお子様が体調不良とのことで、手土産用に1つ多くなっております。

     

    季節のプリンは・・・

    「柚子づくし」

    です。

     

    なめらかプリンの誘惑に勝てる方は是非チャレンジしてみて下さい。

    第4回埼玉慶應眼科の会

    先日、第4回埼玉慶應眼科の会に出席してきました。

    これは、慶応義塾大学眼科学教室で、埼玉で診療をしている医師が集まる勉強会です。

     

    埼玉医科大学病院眼科の篠田教授や、東海大学八王子病院教授の木村先生をはじめ、埼玉メディカルセンターの持丸先生や国立埼玉病院の細田先生、尾関眼科の尾関院長など、慶応義塾大学病院時代にお世話になった先生方と久しぶりにお会いすることができました。

    ちなみに、篠田教授は、慶応義塾大学医学部サッカー部の大先輩です。

     

    今回の勉強会のテーマは、緑内障発作と糖尿病網膜症の治療でした。

     

    緑内障発作は、昔はレーザー虹彩切開でしたが、近年白内障手術が主流となっています。しかし、発作を起こす目の手術が難しいことが多く、レーザーをするか、手術をするか、いつも悩んでいました。

     

    今回のお話では、まずはレーザーを行い、反応を見てから手術方針を検討しましょう、ということで、当院でも早速この方針を取り入れることにします。

     

    糖尿病網膜症の話では、硝子体注射が網膜症自体も改善させる効果がある、とのことで、今後さらに注射の需要が増えそうです。

     

    今後もこのような勉強会などに参加し、勉強したことを当院へ還元していきたいと思います。